読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相次ぐアルビノ襲撃、国連「全滅の危機」 マラウイ

http://www.cnn.co.jp/world/35082047.html?tag=mcol;topStories

マラウイアルビノの人々を狙った襲撃事件が相次ぐせいで全滅するかもしれないことになった。狙われる理由はアフリカにはアルビノの体の一部が富や幸運をもたらす迷信があるからだ。いまアルビノの人たちは常に襲撃を恐れていて正常の生活ができていない状況にある。そして近年ではアルビノへの襲撃は増加していて政府にアルビノの保護と犯人への捜査の強化を主張した。またマラウイでは牛を盗んだ犯人の方が厳しい罰を受けるらしい。

疑問:人権はないのか

考え:人権がないと最初は思っていたが、そもそもアルビノの人たちは普通の人として見られていないのではないかと思うようになった。なぜなら

「牛を盗んだ犯人の方が厳しい罰を受ける」ってあまりにもひどすぎる。

犯人もくそだなとともに政府もくそだと思いました。